リスクを分散できる不動産投資信託の魅力!

建物のイラスト
握手

不動産M&Aのメリット

法人が所有する不動産を譲渡するとき、企業買収の形で法人ごと売買することを不動産M&Aと呼びます。売主側には法人税や消費税がかからず、買主側は不動産取得税や登録免許税を節税できるというメリットがあります。

貯金箱

投資の初心者におすすめ

みんなで大家さんは気軽に始めることができ、リスクが少ないというのが特徴となっています。不動産投資を行うのが初めてという人でもチャレンジしやすくて、手間暇がかからないというのも魅力の一つとなっています。

比較的安心な投資です

お金

不動産投資信託は、一般の投資家から集めた資金でマンションや商業施設等の不動産に投資し、そこから挙がる家賃収入等の収益を投資家に分配する投資方法です。金融商品取引所にも上場している投資商品です。投資信託の特徴である少額投資やリスク低減効果、換金性を合わせ持った不動産投資といえるでしょうね。不動産投資信託の特徴の一つとして高い利回りが浮かびます。配当可能利益の90%以上を分配することで、法人税が免除されると言うメリットがあります。不動産賃貸料は、ある程度定額的な金額が定期的に入ってくるものですので、安定した分配金につながっています。また、不動産投資信託は、複数の不動産に投資している事からリスクも分散された投資手法と言えます。

一般的に不動産を購入して運用するとなると、時間がかかります。所有権の移転から登記等すぐに運用とは行きません。しかしながら不動産投資信託であれば、取引場がありますので、いつでも売買が可能です。買うのも売るのも取引所ですぐ出来ますので換金性は抜群に高いと言えます。当初に購入する際も手数料などもかかりません。余計な費用がかからないことも不動産投資信託の高い利用率の特徴です。また、運用するのはプロの専門家ですので、初めて投資を行うと言う人でも比較的安心して取り組める投資商品と言えます。併せて、この投資信託は、利益がほぼ分配されるような仕組みになっています。実際の不動産とまったく変わらずに、不動産からの家賃収入等の収益が毎期の分配金として受け取ることが可能です。

積み木

マンション経営の味方です

マンション経営を行う時のリスクとして、家賃滞納、空室リスクがあります。これらのリスクが発生すると、将来予定されていた家賃収入にも大きく影響してきます。しかし家賃保証システムがあれば、保証会社がすべて負担してくれます。そのため、家賃滞納、空室リスクの心配がなくなります。