リスクを分散できる不動産投資信託の魅力!

集合住宅模型

マンション経営の味方です

積み木

リスクが軽減されます

投資の種類も様々ですが、その中でも人気があるのがマンション経営です。マンション経営は、マンションの入居者がおり、家賃滞納がなければ、毎月定期的に収入を得ることができます。他の投資として比べて効率がいいので、チャレンジする人が多いです。しかしマンション経営は、前述のようにすべての部屋が埋まっていることが前提です。空室が増えると、当然入ってくる家賃収入も減ってきます。その家賃収入を保証してくれるのが、家賃保証システムです。家賃保証システムは、借主から保証料を得ることで、その保証会社が家賃の連帯保証サービスを提供してくれます。借主に家賃の滞納などがあった時は、貸主に対して家賃の立て替え払い行います。入居者の滞納などで保証会社が立て替えた家賃は、保証会社が借主に請求します。家賃保証システムは、空室があっても家賃の保証をしてくれるのが大きなメリットと言えます。経営者は空室リスクを気にすることなく、経営を続けていけます。

負担が軽減されます

マンション経営にはメリットが多いですが、逆にデメリットもあります。その中の一つが空室リスクです。マンションに一つでも空室があれば、それだけ入ってくる家賃収入も減少します。空室が続くと、将来予定されていた家賃収入が大幅に減少します。そのような時に便利なのが家賃保証システムです。家賃保証システムは、主として貸主に大きなメリットがあります。家賃滞納、空室リスクは大家さんにとって大きな負担になります。大家さんにとって大きな負担になるのが、訴訟費用や原状回復費用などがあります。家賃の保証システムがあれば、このような大きな負担がなくなります。また借りる側も連帯保証人が立てられないなどの場合、保証会社を利用することで入居が可能になるケースが多いです。このように、大家さん、借主それぞれに人気があります。